スポンサーリンク
スポンサーリンク

インドで湖を救う26歳の男性の物語

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
18億…これは、きれいな水へのアクセスがない、現在地球上に住んでいる人の数です。この問題の最も大きな原因のひとつは、水の汚染にあります。幸いにも、例を示して、問題を解決するために行動を起こすランヴィア・タンワーのような人も存在します。

ランヴィア・タンワーは、死にかけた湖の問題に若者の注意を向けるために、フェイスブックで「#SelfieWithPond」というキャンペーンを行っています。

Ramveer Tanwar
Ramveer TanwarさんはFacebookを利用しています。Facebookに登録して、Ramveer Tanwarさんや他の知り合いと交流しましょう。Facebookは、人々が簡単に情報をシェアできる、オープンでつながりのある世界の構築をお手伝いします。

タイムスタンプ:

インドの水危機 0:22

タンワーが子どもに教えた教訓 1:14

最初の回復 2:19

「水中軍」とは 3:38

#SelfieWithPondキャンペーン 4:37

話すのをやめて、木を植える 5:14

気候のためにストライキする学生 6:56

概要:

– 地元の技術系大学の学生だった時、子ども時代に遊んだ場所が消えかかっていることに気づきます。キレイな水の量がインド中で減っていて、その危機はタンワーの出身ような田舎では、特にひどい状態でした。

– タンワーは、死にかけている水源に対して、何かすべきであると感じ始めている、村の子どもを教育することから始めます。

– タンワーがディスカッションを進め、水を保護する方法を提案する特別な場に、毎週日曜日、親と来るように学生に話しました。

– 2015年、タンワーとボランティア、学生、親のチームは、すべてのゴミを池から取り除きます。池をキレイにしただけでなく、その周りに木まで植えました。

– たくさんのボランティアと熱心な人のお陰で、多くの湖や池がインド中で回復しました。これらの水をきれいにすることで最も重要なことは、さらなる汚染の回避です。

– 州の機関は、タンワーが「水中軍」協会を各地に設立することを手助け。現在、若きパイオニアのタンワーは自分の地区におけるコーディネーターとして活躍しています。

– タンワーは他にもキャンペーン、「池と自撮り」を意味する、「#SelfieWithPond(セルフィー・ウィズ・ポンド」を行なっています。タンワー自身によれば、これは、「ゴミ捨て場に変わりつつある、死にかけた湖を若者とつなげる」ことが目的です。

– ドイツ出身の21歳、フェリックス・フィンクバイナーは、グローバルな若者の活動である、「プラント・フォー・ザ・プラネット」の設立者。75,000人のクライメイト・アンバサダーは、世界中で合計150億本の苗木を植えています!

– 若い人が地球の環境を改善しようと情熱を傾け世界的に有名になったもう一つの例が、グレタ・トゥーンベリ。

– 2018年の夏、手作りのバナーをもって、スウェーデンの議会の前の階段にたった一人で座り込みをしました。

ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の出演:荘司哲也(さくらい声優事務所)

コメント

ライフスタイルまとめ動画アンテナ